元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ

  1. トップページ
  2. 活動報告&ブログ
  3. 元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ
  4. 2014年2月の記事一覧

2014年2月の記事一覧(2件)

投稿日:2014年2月10日

東京都知事選!反原発1本化デキズが痛すぎる!!

昨日、東京都知事選が終わった。

報道通り、舛添要一氏が勝った。原発「即ゼロ」を訴えた宇都宮健児氏、元首相の細川護熙氏の合計得票は約193万8000票で、舛添要一氏の得票数に17万票差に迫った言えば聞こえはよいが、負けは負けである。

「原発再稼働に前向きな安倍政権に「待った」をかけたい民意が意地を示した」なんて書いてあるマスコミがあるが、さっそく安倍政権は原発再稼働を進めようとエネルギー大綱を進めようとしている。

 

やはり2候補が一本化できれば、負けても都民の意思は脱原発もといったが、そうはならなかった。合計してとなる。それなら、田母神氏の票を舛添要一氏と合計しなければフェアではなくなる。

やはり、1本化できなかったことで負けなのである。

 

そのことよりもマスコミも一緒になって「原発が争点でなない」「国政の話だ」という論調がめだった。しかしながら、日本で一番電気を消費する都市東京がエネルギー問題と無関係なんておかしいのではないだろうか?

世界中でもエネルギー、原発が今回の論点だという報道が多かったそうだ。

あと、選挙戦をあえて盛り上がりのない、争点をぼかすような報道姿勢。

辻元清美議員も言っていましたが、細川・小泉氏の街頭演説はすごい人だかりと熱気。なぜ、各候補の街頭演説の様子が報道されないのか?最近のNHKの会長・経営委員の問題も含め、マスコミは権力の権力のための報道機関と成り下がっているのではないだろうか?

 

おそらく、まもなく、都民が自民党・舛添要一氏を選んだことを思い知らされるだろう。それは沖縄の仲井真知事や名護市長選での自民党の仕打ちと同じことが東京都民に襲い掛かることだろうと思われる。

まもなく都民の怒りが起こるだろう!!

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2014年2月4日

橋下市長出直し選挙!市長こそ出直せ!

昨日、橋下市長が辞任表明。法定協で都構想案が否決されたのを受け、大阪都構想を進めるために市民に問いたいとのこと。

自分の意見が通らないと、民意を問う!という名のもとに選挙。

 

しかしながら、議会の過半数を得てないのも民意。直近の民意のほうが、民意だ!なんていうつもりなんだろうか?こんな考えをもった政治家なんて、民主主義、先進諸国の世界中で探してもそうはいないだろう!!

 

こんな政治をこんな大阪、やめにしませんか?なにかぎくしゃくして、いつも誰かを悪者。自分は正義?。もっと活気があり楽しい。そう大阪らしい街にもどそうではありませんか?

 

「橋下市長、大阪都構想なんて市民に何にもメリットないもの引っ込めて出直してこい!」

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る