元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ

  1. トップページ
  2. 活動報告&ブログ
  3. 元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ
  4. 2014年6月の記事一覧

2014年6月の記事一覧(11件)

投稿日:2014年6月29日

盆踊りツアー2014年出陣式パーティーへ参加。

本日、河内屋菊水丸さんの喉頭がん手術から1年半報告。

盆踊りツアー2014年出陣式パーティーへ辻元清美議員と参加。

笑いたくさんのパーティーでした!!

20140629盆踊りツアー2014年出陣式パーティー
コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2014年6月25日

拝啓。民主党、海江田代表へ。代表選前倒ししかありません!

拝啓。民主党海江田代表へ。と本日は海江田代表へ手紙を書いてみました。代表に対しまして誠に申し訳ありませんが、民主党の一党員として一言申し上げます。昨年、海江田代表は、参議院選挙後に、「1年後に結果が出ていなければ、恥を忍んで代表の立場をお願いすることはない」と申されました。その言葉に党員をはじめサポーターや国民のみなさんが信じて民主党を見守ってくださったのは間違いありません。

 

しかしながら、今に至っては結果がでているとは到底言える状況ではないかぎり、ここは、民主党のためでもあり、国民のためにも、民主党を再度国民の皆様から支持を取り戻すためにも新しい体制でできれば、野党の中でも意見の一致する人たちと手を結び、古い体制であり、国民の生活よりも大企業の利益が大事、既得権益の塊の自民党政権から国民に政治を取り戻すために、新しい政治勢力の結集を図るべきだと考えます。

 

そのためにも民主党が土台となり、中心となり、穏健な保守からリベラル保守までの結集が必要であります。集団的自衛権行使の解釈変更問題では、どうも、公明党もリベラル、平和主義をあきらめるようですので、国民が必要としている勢力の結集をはかるためにも民主党に新しいリーダーを立てるべきだと考えます。いまこそ、地方からも民主党を変えて、新しいリベラル勢力の結集こそ必要なのではありませんか?

 

海江田代表の素晴らしい判断、すなわち、全党員、サポーターによる代表選をぜひ行われることを心からお待ちしております。

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2014年6月23日

自民党は「野次(不規則)と失言の華」ばかり。

東京都議の塩村議員に対するセクハラ野次「自分がはやく結婚しろ!」「こども産めないのか!」というなんとも品性のない野次。野次というからなんか議会にはつきものみたいな感じで受け入れられる。野次でなく不規則発言だ!といえば許されない。自民党もすぐに鎮静化をはかりたいらしく、不規則発言の発言者が自ら名乗りをあげた。

 

石破幹事長も謝罪らしいが、国会なんかもっともっとひどい不規則を自民党議員はしているではないか!となぜマスコミも言わないのか!あげくには安倍総理大臣までが大臣席で不規則発言をして委員長から指摘されているのだから。自民党総裁がその程度の議員なのだから、石原環境大臣の「最後は金目でしょ。」失言。安倍内閣なんか最初から最後まで金ばかりではないか!自分たちこそ金目!といいたい!!

 

さらに久々に失言王麻生副総理の失言。集団的自衛権といじめのたとえ。「勉強ができない。喧嘩が弱い。そして金持ちの子が一番やられる。」自身のことか?と勘繰りたいが、日本の国の防衛といじめ問題をむりやりつなげても誰も共感できないし、また、そのたとえで苦しむ人がいるのかもわからない。

 

笑福亭鶴光師匠のネタで「麻生太郎とかけて北海道の釧路ととく。その心は、いつまでもつづく失言(湿原)。」

ほんとにそのとおり。

 

安倍内閣は総理は、集団的自衛権で紙芝居か猿芝居かわからん国民を欺く説明をおこない、ほかの閣僚もこの程度。

 

元気!ナクナル!今日一日デシタ。

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2014年6月23日

JR高槻駅北口で街頭演説

昨日もJR高槻駅北口で、辻元清美議員と街頭演説。

途中、恋田さんにも出会いました。

20140623 JR高槻駅北口
コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2014年6月22日

富岡製紙工場、世界文化遺産登録!

本日、富岡製紙工場世界文化遺産に登録されました。

 

昨年の富士山に続き連続での登録。地元は観光客の増加を見込んでかなり湧き上がっている。日本の近代化の象徴の場所が評価されての登録。

 

それにしても世界自然遺産の登録ではないのが少し不満ではありますが、その地域の発展や日本の明治、大正、昭和での近代化の様子がわかる施設でありますから、これからも大事にしなければ!!

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る