元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ

  1. トップページ
  2. 活動報告&ブログ
  3. 元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ
  4. 2014年10月の記事一覧

2014年10月の記事一覧(19件)

投稿日:2014年10月31日

はにたんの絵文字を使いませんか?

高槻市のゆるキャラ「はにたん」の絵文字があるのご存知ですか?携帯のメールやパソコンのメールにも使えます!!

 

ではではおやすみなさい!!20141031 「はにたん」の絵文字02 って感じですかね。

 

元気!モリモリ!もりもと信之でした。

明日はジムショ設営です。頑張ります。

 

20141031 「はにたん」の絵文字01
コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2014年10月30日

衆議院解散総選挙のうわさ

最近、あちこちで衆議院の解散のうわさを聞きますよね。谷垣幹事長までが肯定的な発言。国会運営が思い通りいかないからだという理由とのこと。現在解散してしまえば、野党が選挙態勢に整っていないから勝てるという理由だと思います。しかしながら、現在の安倍内閣の閣僚の「政治と金」問題が続くようでは内閣、支持率も低下選挙に勝ったとしても議席数は大幅に現状より減らすことは間違いない。そうなれば、安倍総裁を変えようという動きが自民党内からおこるのは間違いなく、安倍総理にとって早期の解散はメリットがない。

はたしてどうなるでしょうか?

 

「政治と金」問だけで民主党は安倍政権に対して戦っており、何か国会審議を止めているように報道されたりしていますが、とんでもない話です。きちんと各委員会審議も行われおり、なんか急にそういう細かい問題をつつくな!ということを言われる方もいることもわかります。

しかしながら、野党として、そのような政治家として、大臣として資質が備わっているかをきちんと問うこと自体何も問題がないと思われます。政策論争も大事ですが、野党はあらゆる手段を使ってでも時の政権が間違った方向に進もうとしているならば、倒閣するのが基本ではないでしょうか。やっと私は今の民主党、野党らしく存在感がある戦いをしだしていると思います。

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2014年10月25日

サンスターから地産地消のごみ袋誕生!

サンスターから地産地消のデザインごみ袋が誕生!サンスターでは、環境貢献と地域貢献の両立、市民・行政・企業が笑顔になって楽しく続けられるという理由で今回誕生しました。

 

ハミガキペーストや液体ハミガキなどを製造するサンスター高槻工場では、製造工程で発生する端材などの廃プラスチックが年間で約20トン発生するそうです。今までは、別の形で100%再生利用していましたが、今回、そのうちの1トンを使って10,000枚の再生素材100%のゴミ袋が完成。

 

ゴミ袋のデザインには、清掃活動が楽しくなるよう、高槻市のマスコットキャラクター「はにたん」が、ハミガキチューブやハブラシをモチーフにしたお花に囲まれて喜んでいる様子を表した「高槻市×サンスターのコラボデザイン」。清掃活動を楽しく演出できるだけでなく、『積み上げるとお花畑ができあがる』という素晴らしい内容です。

 

1トンだけでなく今後、20t全部ごみ袋に再利用してほしいです。特に、サンスター製品を買うとごみ袋がもれなくついてくるか、プレゼント!みたいな企画もうれしいと思います。

 

さてこのゴミ袋は11月に行われる秋の美化推進デーで利用されるとのこと。楽しみですネ!!

 

20141025 サンスターから地産地消のごみ袋誕生01 20141025 サンスターから地産地消のごみ袋誕生02
コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2014年10月22日

高槻市NPOフェスタ参加

先日の土曜日に、高槻市NPOフェスタに参加。

 

高槻市には160近いNPOがあり、日頃の発表や、展示。そして販売など、沢山の方市民の方も参加してくれました。

私も高槻技術協会の展示に!防災展示をしました。穀物飲料の試飲や、防災トイレなどや、防災グッズの展示。福知山の視察などの様子を展示。

 

元気!モリモリ!もりもと信之頑張ります。

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2014年10月20日

「女性が輝く」安倍内閣のシンボル2人同時辞職。

今日のニュースは、小渕優子経済産業大臣と松島みどり法務大臣のW辞任。

 

小渕大臣は「政治資金」、松島大臣は「うちわ」と問題は大きく違うが、底流にあるのは、やはり「政治と金」ではないだろうかと思います。竹下内閣のリクルート事件から始まった政治改革。そこでも大きく問題になったのも「政治と金」だったはず。しかしながら選挙にお金がかかるからという理由と政権交代できる2大政党を目指してという理由で中選挙区から小選挙区へ。

1994年から20年たった今でも結局は何もかわらず。

本当の政治改革は政治家だけではなく国民ももっと政治に対して真剣になるべしだと考えます。

 

今回の事件もたかが「うちわ」という人もおられます。しかしながら、法務大臣という職責にあるべき政治家が行ってもよい内容ではないのではないでしょうか?

法務大臣が「たかが、うちわ」の法律違反?をおこなっているのだから。ほかの政治家は少なくとも同様なことをおこなっていないはず。

 

今日は日本の憲政史上に汚点を残す大臣のW辞職となりました。

(残念な一日です)

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る