元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ

  1. トップページ
  2. 活動報告&ブログ
  3. 元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ
  4. 2015年9月の記事一覧

2015年9月の記事一覧(8件)

投稿日:2015年9月30日

民主党大阪府連、大阪府土地家屋調査士会勉強会。

9月30日午後から、大阪府土地家屋調査士会勉強会と民主党大阪府連各級議員との勉強会があり、初めて参加いたしました。

土地家屋調査士の先生から今の大阪府の問題点や各市町村の問題点の講義を受けました。

とくに地籍整備の遅れの指摘と大事さ、公共物の未登記の多さ、空き家に対する情報収集の遅れなど今後の対策とともにかなり深く勉強いたしました。高槻市での問題点も数多く指摘を受けましたので今後議会活動や行政に対して指摘していきたいと思っております。

勉強会写真3
コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2015年9月29日

高槻市長へ来年度予算要望!

本日、9月29日、9月議会閉会後に濱田剛史高槻市長へ、民主・元気ネットの会派全員で来年度予算要望をさせていただきました。

CIMG4198

要望内容は、以下の通りです。オレンジ色の文字の箇所は元気!モリモリ!もりもと信之が特に強く要望するところです。

1、都市機能の充実に向けた取組

① 富寿栄住宅

は全面建替計画が推進され、平成24年度(2012年度)に基礎調査を実施し、平成25年度(2013年度)は基本構想計画策定に向け、住民自ら「入居者委員会」や「市営富寿栄住宅建替研究会」立ち上げ、新たなまちづくりの創造に取組んでいる。 安全に暮らせる住宅づくりの為、2016年度(平成28年度)に向けて引き続き基本設計策定の予算措置を講じられたい。

② 富田のまちづくり・みちづくり

高槻の副都心として位置づけられている富田のまちづくりをさらにテンポアップして取組まれたい。特にJR摂津富田駅周辺と関連する道路は富田のまちを南北に分断している。JRアンダー問題をはじめ数十年にも及ぶ課題の道路を早急に整備されたい。

 

③ 樫田総合対策

樫田地域の活性化については、空き家プロジェクトを通じ若年層の定着に努める必要があることから、保育所、学童保育室の設置を含めた、子育て支援策及び、消防、医療、緊急体制の充実を図られたい。

 

④ 名神高速道路、関連道路の沿道まちづくり

無秩序な開発の抑制、地域特性に応じた土地利用の規制誘導等に

まちづくり協議会を通して支援を行い、新たな産業立地の積極的

マッチングを図られたい。

 

淀川河川敷の鵜殿の歴史的・文化的な価値を尊重し、雅楽の継承の為、ヨシの保全をはじめ、育成に影響が出ないよう十分な対策を講じられたい。

 

⑤ 安満遺跡公園整備構想

安満遺跡公園の整備構想の進捗にあたっては、市民の声を反映させることを第一に、開園にあたって公園全体の運営方法を具体的に明らかに示されたい。

 

⑥ 芥川、三好山を含む摂津峡公園の周辺整備

摂津峡公園は、周辺の芥川山城跡のある三好山や帯仕山との一体的整備を図るとともに、摂津峡周辺道路、施設等の整備を図られたい。また、摂津峡の環境を守り、不法投棄をなくす条例制定やバーベキュー問題の抜本的対策を講じられたい。

 

⑦ 交通政策

市民サービス向上の為、コミュニティバスの運行も含め、高齢社会に相応しい公共交通のあり方や、公共交通不便地域へのバス運行や市民ニーズに即したバス路線の新設、バス停の増設等を市全体の交通課題として検討されたい。

 

⑧ 公営交通事業

「市営バス経営改善計画」に基づき経営健全化に取り組み、市民サービス向上やマイカー利用規制、違法駐車対策等公共交通の定時運行確保と利用促進を図られたい。

 

⑨ 水道事業

「経営効率化計画」に基づき経営健全化に取組み、集合住宅を直圧給水方式へ転換されたい。また、過剰な水需要予測に基づく企業団水供給は、自己水の最大活用で毅然と対応されたい。更に、職員配置は技術継承を優先し、若手育成に努められたい。

2、安全・安心のまちづくりに向けた取組

 

① 土砂災害対策

土砂災害整備率は20%と低水準のため、整備率を向上させるよう大阪府に対して強く働きかけられたい。

 

② 雨水利用の促進

  公共施設に大型雨水タンクを積極的に設置されたい。

  また、一般家庭や民間事業所などへの集中豪雨や環境対策として雨水タンクの設置への補助制度の充実を図られたい。

 

③ 集中豪雨に対応

浸水対策・防災体制を構築されたい。また、清水池の水質の浄化を図られたい。

 

④ 災害時要援護者支援

当事者や支援団体の意見を尊重し、地区福祉委員会など地域の関係団体との連携を図り、支援体制の整備を早急に進められたい。

 

⑤ 堤防強化

淀川右岸の大塚~番田地区における堤防強化策については、地元住民の住環境の改善につながるよう、国に対し積極的に働きかけをされたい。

 

⑥ 道路、橋梁維持

本市が認定する道路が年々増加しており、アセットマネジメントの観点や集中豪雨による被害が考えられるため、適正な予算の確保を図られたい。

3、子育て・教育環境の充実に向けた取組

 

  1. 子ども・子育て支援新制度に基づき策定された事業基本計画に基づき、子育て支援を総合的に推進されたい。事業の推進にあたっては、正確なニーズの把握に努め本市の実態に合ったものとされたい。

 

② 待機児解消

・保育所では、保育計画整備年次の前倒しを引き続き行いながら、待機児の解消に向けて取組まれたい。

 

・学童保育室では、待機児解消とともに、必要に応じて3室目の増室を図られたい。また、保育環境の整備や改善、学童保育室職員の安定雇用と労働条件の改善に努められたい。

 

③ 少子化対策・子育て支援                

・休日保育、夜間保育、一時保育、病児・病後時保育の整備・拡充等多様な保育制度を検討し、待機児解消を図られたい。

 

・地域子育て支援センターの拡充や、子育て総合支援センターを軸とした児童虐待対策、相談窓口を充実されたい。

 

・子育て総合支援センターの児童家庭相談、児童発達支援の各事務所のスペースを広げ、職員を増員されたい。

 

④ 学校園の安全対策

小学校・幼稚園への警備員を引き続き配置されたい。

 

⑤ 虐待防止機能の強化

・児童虐待相談に対応できる支援体制の強化とネグレクト問題解決の為の方策をさらに推進されたい。

 

・虐待されている、または被虐待経験のある子どもたちへのケアと、居場所作りを推進されたい。

 

⑥ 未婚ひとり親家族支援

みなし寡婦(夫)控除の適用を求める請願が採択されたことも受け、高槻市としても部課を超えて、みなし寡婦(夫)控除の適応に向けた具体的な取り組みを進められたい。

 

⑦ 教育環境の充実

・35人以下学級を引き続き堅持されたい。

 

・災害時の避難施設として、ソーラーパネルの設置や、体育館への換気扇・トイレ・体育倉庫などの設備を設置されたい。

 

・災害時の連絡や安全確認などのために、電話回線や携帯電話の増設を図るなど緊急連絡体制を整備されたい。

 

・理科室・家庭科室・美術室等の特別教室や少人数指導室・ランチルームなど、すべての教室にエアコンを設置し、給食調理室には部分的な冷房施設を整備されたい。

 

・重度障がいで医療行為の必要な児童生徒に対し、通学時借上げ自動車による看護師同乗の送迎をさらに充実されたい。

 

・平成28年度(2016年度)改定の新学習指導要領を見据え、速やかな移行へ向けた体制を整えられたい。

 

・平成28年度(2016年度)に連携型小中一貫教育の全校実施にあたって、校区連携の中心になる役割を担う人材としての、小中コーディネーターを全中学校区に配置されたい。

 

・各校のカリキュラムマネージメントを推進するため、「特色ある学校づくり」の支援をさらに充実されたい。

 

・アクティブラーニングの実現のため、教師が授業に専念できるための校務にかかわる支援システムを構築されたい。

 

・小学校の図書館支援員、中学校の読書活動協力員を引き続き配置し、読書指導充実の為、配置日数を増やされたい。

 

⑧ 青少年のひきこもり

・青少年のひきこもりの実態把握と、この問題解決に取組む主管課を早急に決定されたい。

 

・ひきこもりの実態把握を進め、民間との協働で課題解決の為のモデル事業を実施されたい。

 

4、健康づくりと福祉の充実に向けた取組

 

① 消防・救急体制

・年間約1万8千件の救急出場に十分対応する為、消防職員を増員されたい。

 

・三島救命救急センターの高槻市をはじめ3市1町の三次救急体制を確保するとともに、施設の耐震化や建替え等、施設整備、体制強化に努められたい。

 

② 市民会館建替え

市民会館建替え懇話会の経過を尊重し、十分に市民意見を反映するよう努められたい。

 

③ 高齢者福祉

・地域包括支援センターの機能を強化し、高齢者虐待防止、早期発見体制を構築されたい。

・認知症とその家族への支援、認知症の方の徘徊防止のための支援を強化されたい。

・市民後見人の育成と質の向上を図り、認知症高齢者や障がい者の権利を擁護されたい。

・高齢化が進む中、地域の様々なネットワークやコミュニティソーシャルワーカー等を支援し、安否確認体制を充実されたい。また、支えあい拠点の設置、拡充を図られたい。

・地域医療法・介護総合確保推進法の改正に伴い、要支援者の自治体受け入れ体制を早急に整備されたい。

④ 障がい者福祉

・「障害者虐待防止法」について広く周知を図り、虐待の未然防止に努められたい。また、養護者の支援に取組まれたい。

・「障害者差別解消法」施行に向け、広く周知を図られたい。また、体制整備として、差別解消支援地域協議会の設置を検討されたい。

・障がい者の就労支援や授産製品の販売に対する支援を行い、優先調達法を尊重して推進されたい。

・障がい者の社会参加を保障するため、長年改善されなかったガイドヘルパーの利用時間の延長を検討されたい。

・発達障がい児、者のライフステージの連続性を活かせるよう「発達障がい支援センター」を設置されたい。

・重度重複障がいの方が、地域で安心して暮らせるため、高槻市として積極的な支援施策を推進されたい。

⑤ 生活福祉

・住宅扶助、冬季加算の引き下げに伴う影響を最小限にとどめられたい。

・社会福祉法16条の定める、ケースワーカー1名あたり、被保護世帯80世帯の担当に近づくよう努力されたい。

・貧困の連鎖を防ぐ為、生活保護受給世帯の子どもへの学習支援に取組まれたい。

・生活困窮者自立支援制度モデル事業を検証し、本格実施に反映されたい。

⑥ 医療・健康の増進

・「健康たかつき21」を着実に実行されたい。

 

・保健所機能を充実させ、関連機関との連携で、総合的な保健サービスを提供されたい。保健所職員の計画的採用と専門職員の育成、事業を推進するにあたり、各種検査機器等を整備されたい。

・産科・小児医療体制をはじめ、救急医療体制を各種医療分野で対応出来るようにされたい。

 

⑦ 勤労福祉政策

・厳しい雇用情勢を踏まえ、雇用確保と雇用創出を、国、大阪府

と連携して取組まれたい。また、「ワークサポートたかつき」の周知をさらに図り、情報提供やアドバイス、就業意識の向上に努められたい。

 

・中小・零細企業において働く労働者の福利厚生面での格差解消に向け、労働者福祉事業に対してさらなる支援を図られたい。また、雇用の質の向上(正規雇用化)に積極的施策を講じられたい。

・公共事業発注及び指定管理者選定は、総合評価入札制度および公契約条例制定の検討をはじめとして最低賃金、労働基準法、男女雇用機会均等法、次世代育成支援推進法、障害者法定雇用率等の遵守を義務付ける制度のあり方を検討し、法令違反のないよう点検指導を強められたい。

・これらの施策を十分に行う為に、雇用・労働行政の強化に努められたい。

・若者の就労環境が依然厳しい状況を踏まえ、大阪府やハローワーク等との連携を強化した就労支援を行われたい。

⑧ 民生委員児童委員

選考制度について多角的視点から研究し、空白地域の解消を積極的に図られたい。また、補助員制度の導入を検討されたい。

 

5、産業の振興に向けた取組

 

  1. 景気対策と中小企業施策

・地域経済の商業分野の浮揚の為、平成18年度(2006年度)に制定した「地域における商業の活性化に関する条例」を踏まえ、高槻市産業振興ビジョンの推進、並びに「がんばるお店と商店街づくりプロジェクト」施策を積極的に取組まれたい。

 

・中小企業の育成・活性化に向けて、コミュニティビジネス、ものづくり高度化支援、起業家育成等のチャレンジ・プロジェクト推進の為に、融資制度の充実、技術支援、経営や人材育成等の総合的施策を国・府とも連携しながら積極的に推進されたい。

 

・厳しい経済環境の中、市内の企業とも積極的に交流を図られ、情報交換と企業活動における課題の共有化を図り、その解決に取組まれたい。

 

・市内産業の振興、雇用機会の拡大を図る為、企業立地促進制度の推進の為の施策の充実を講じられたい。

 

・高槻市中心市街地活性化基本計画実行のための体制整備を行われたい。

 

② 農林業政策

・「高槻市農林業振興ビジョン」の基本目標「市民とともにめざす豊かな『恵み資源』の創造」実現の為、農林業者、市民、NPO、企業、行政等が協働する具体的取組を推進されたい。

 

・農業従事者の高齢化と後継者問題、生活雑排水による農業用水汚染問題、水資源確保等、農業委員会からの建議等も踏まえた生産環境改善は、具体的計画を策定し、農業振興を図られたい。

 

・樫田地域活性化の為、当該地域の実情と要望の把握に努め、農林業振興のため積極的な施策を展開されたい。

 

・転作田、休耕田を活用し、市民と自然、農業との多様なふれあいの場をつくる為、朝市の育成や景観植物、市民農園の整備拡大を図られたい。

 

・学校給食への地元の農作物を、引き続き活用されたい。

 

6、良好な環境の形成に向けた取組

 

① 新エネルギー政策

・太陽光発電の公共施設への導入促進と、市民レベルでの設置拡大に向け、環境基金の活用による融資制度を創設されたい。

 

・公共施設でのエネルギー・電力購入は、新エネルギー戦略の実効性を担保した上で、グリーン電力証書の購入や、新規事業者(PPS事業者)からの電力購入を検討されたい。

 

② 高槻クリーンセンター第1工場更新

高槻クリーンセンター第1工場の更新については、地域の環境に十二分に配慮して着実に進められたい。

 

③ 林道管理

高槻市林道管理条例並びに土砂埋立て等の規制に関する条例の制定を受け、今なお続く市内山間地への残土搬入、積み上げによる地域住民の不安に応えられるよう、府とも連携し、積極的な対策を強化されたい。

 

7、市民生活の充実に向けた取組

 

① タウンミーティング

・特定団体のみに限らない形での広く市民を対象とした、市長と語るタウンミーティングを開催されたい。

 

・タウンミーティングの政策形成過程での位置づけを確実に確認されたい。

 

  1.  コミュニティセンター

・コミュニティセンターへのエレベーター設置等、更なるバリアフリー化を図られたい。

 

・コミュニティセンターの整備が完了したが、今後、防災や地域福祉の推進を図る視点から、更なる地域拠点の整備を検討されたい。

 

  1.  NPO、ボランティア活動

ボランティアやNPOなどの市民の自主的な社会貢献活動に対して総合的な支援を図られたい。

 

④ 都市間交流の推進

・姉妹友好都市間に相互性ある交流を継続されたい。

 

・韓国との姉妹都市交流を開始すべく検討されたい。

 

⑤ 男女共同参画

・市内各事業所における男性の育児休暇、介護休暇の取得推進に努められたい。

 

・市内各事業所における職場等でのハラスメントの根絶、男女間の待遇格差の是正、女性管理職比率の目標・公表の義務付けを図られたい。

 

・各審議会等への女性委員の積極的登用、とりわけ地域防災会議における女性委員の更なる登用を図られたい。

 

・男女共同参画センター登録団体が、市民協働の観点から男女共同参画事業及び啓発が推進できるよう、ネットワーク機能を充実されたい。加えて男女共同参画センターの利用についても新たな発想と方法で促進するよう努められたい。

 

⑥ DV対策

・近年の市民意識調査では、DVを受けたときの相談機関の認知度が大変低いため、潜在的に相談が必要な人に情報提供ができるよう取組を進められたい。

 

・若年層の中でも、特に16歳から20歳に対する、DV、妊娠、子育て等、自立に向けた総合支援相談を推進されたい。

 

8、行財政運営に係る取組

 

① 市政運営

・中核市としての独自のまちづくりと分権改革(地域主権)を強力に推進されたい。また、国直轄事業の負担金廃止を求められたい。

 

・行財政運営は、「パブリックコメントの拡大と周知の徹底」「市政の透明化」「市民への説明」を、より積極的に行われたい。 

 

・第5次総合計画については、基本計画の見直しが行われているところであるが、社会全体の動きや、本市をとりまく環境の変化を踏まえ、持続的な市政運営を図りつつ、市民と協働のまちづくりを推進されたい。

 

② 行財政改革

・行財政改革を継続し、これまで「公」が担っていた分野においても、NPOや市民活動団体、自治会などへ事業委託する等、官民の役割の見直しを図られたい。

 

・「指定管理者制度」は、過去の実績や経過を踏まえ抜本的見直しを行い適正・厳正に選定されたい。導入後のチェック体制の確立や市民満足調査を実施する等、市民ニーズの把握にも努められたい。

 

・行政評価システムは、事業公開評価会の成果と総括を踏まえ、事務事業の第三者評価や市民参加のあり方をさらに検討し、的確に予算に反映されたい。

 

③ 人事制度・人材育成

・団塊世代の経験や技術継承を着実に進め、若手職員を積極的に登用されたい。政策形成能力向上や意識改革等、能力開発や人材育成、及び、職員研修の強化、部長を含む「幹部職員研修」をさらに充実されたい。又「人材育成基本方針」を積極的に推進されたい。

 

・職員構成は、官民の事業のあり方を検討し適正な人員構成に努め、適正な年齢構成をめざし、社会人採用を含む長期的職員採用を計画されたい。

以上

コメント(1)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2015年9月19日

安保法案可決後の辻元清美の国政報告会inしんわ会館

昨日、安全法制成立後、辻元清美の国政報告会inしんわ会館開催。国民の声を無視し、しかも参議院では、国会議員の討論時間を10分に制限する動議が自民党から提出。どこが言論の府だ❗️

もりもと信之も怒り❗️

image
コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2015年9月16日

安全法制反対集会‼️高槻、島本平和連帯会議。

9月15日JR高槻駅北口バスロータリーにて、安全法制反対集会‼️高槻、島本平和連帯会議で開催されました‼️民主党の高槻市議会議員と同じ会派で活動している野々上議員と共に、私元気❗️モリモリ❗️もりもと信之安全法制成立阻止の街頭演説を行いました❗️image image

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2015年9月16日

高槻市超党派安全法制反対集会‼️

9月14日にJR高槻駅南口陸橋上にて、高槻市議会議員の民主党、共産党、市民派の議員の超党派議員団で安倍総理が強引に進めている安全法制の反対を表明‼️何としても安全法制成立阻止を‼️街頭演説で訴えました‼️image image image

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る