元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ

  1. トップページ
  2. 活動報告&ブログ
  3. 元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ
  4. 2017年3月の記事一覧

2017年3月の記事一覧(5件)

投稿日:2017年3月25日

3/25 企業主導型保育園「わくわく大塚園」OPEN!

 3/25 現在、内閣府が進める企業主導型保育園事業において、高槻市では、4番目の保育園「わくわく大塚園」がOPENすることになり、お披露目会が開かれました。

 大塚わくわく園は、NPO法人地域いきいきが運営し、高槻市内にある企業と保育園が提携することで、その企業に働いている方のこどもさんを保育するという事業で運営されています。 市内では、あと1か所、同様の施設があるのですが、2か所は事業所内保育となっています。

 園庭もあり、素晴らしい施設やこどもに対する熱い思いのある園の一つと思います。ご興味のある方はぜひ、一度訪問してみてください。

 http://tiiki-hitoiki.org/index.html

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2017年3月14日

3/14 高槻市立第九中学校 卒業式出席!

IMG_5419 IMG_5428

 本日、我が母校高槻市立第九中学校の第45回卒業式に来賓として出席。20年前に同じ場所で同じ思いで卒業式をしていたと思うと感慨深いものが・・・。

 席の前の男の子が歌を歌い終わると泣き崩れてしまい、周りの友達が声をかけてくれるのを見ながら、こちらも思わずウルウル。

 後輩たちが、自分たちのこれからの進んでいく道に対して不安もあると思いますが、九中卒業生としての誇り、友人たちとの絆を大事にしてほしいデス。

 わたくしも40才となり、今、中学時代の友人と会うことが多くなっています!!

 最後に生徒から先生方に感謝の花束が贈呈されました。 涙が溢れる卒業式となりました。
 
 

コメント(1)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2017年3月8日

3/8 3月議会 来年度予算案元気!モリモリ!もりもと信之質疑「高齢者福祉事業の一部見直しについて」

3月8日 平成29年度高槻市来年度予算案の「高齢者福祉事業の一部見直しについて」、老人クラブ未加入者に対することぶき号の貸出事業を取りやめることや、街かどディハウスに対する運営補助金を3年間で減額していくことに対して質問いたしました。

○老人クラブ未加入者に対する日帰りバス旅行を見直す理由と見直し内容について

○老人クラブの日帰り旅行の補助の内容、利用状況、現在の老人クラブの加入状況と現状について

○今回未加入者に対しての補助の見直しをすることで、老人クラブ未加入者に対しての対策について

【要望】老人クラブ活性化と未加入者の新たな対策を!

【要望】街角ディハウスの運営補助を3年間で減額していき、介護予防事業に特化していくことは一定理解するが、経過をしっかりと見ながら、運営者や利用者が介護予防事業にスムースに移行できない場合は、街かどディハウス運営の維持や利用者の立場をしっかりと考えて、必要な支援策を考えてもらいたい。

【要望】あちこちで、「ますます元気体操」をすることは、反復すことが大事ということは理解できるが、どこにいっても「ますます元気体操」ばかりというのもまた、お年寄りがいろいろなところに行く機会を失わせることにもなるのでは?もっとさまざまな機会を用意することが大事なのではないか。
 

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2017年3月4日

3/4 JR高槻駅に特急「サンダーバード」が停車!

 高槻駅に新規停車する 金沢行 特急 「サンダーバード」 が停車することになりました!

特急「サンダーバード」の停車を記念し、3月4日の一番列車の出発式を開催されました。朝の6時から改札で受け付けがはじまり、先着300名に記念品がもらえるとのことと、鉄道ファンも駆けつけ一番乗りの市民の方は朝4時とのこと。

 JR高槻駅から乗り換えなしで金沢まで約2時間。北陸への旅行や帰省がもっと便利になります。

17021673_1134542086674621_6324771125733082738_n 17103450_1134541603341336_7756930859624340188_n
コメント(1)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2017年3月1日

2/27 「服部図書館併設行政サービスコーナー廃止」中止の要望!

 今年9月に行政サービスコーナー全9か所の全廃を予定しています。昨年の9月議会でも一般質問いたしましたが、マイナンバーカード交付による住民票などの交付が12月から始まり、3か月間で取引件数697件、交付部数830件の交付がないなか、行政サービスコーナーの市民の利用状況も相変わらず多い状況のなかで、市民の立場からもしばらくの間、利用状況を注視して、存廃の判断をしてほしいという思いでもりもと信之も、そしてわたくしの所属する会派「民進党・元気ネット」も同じ考えでこの問題に取り組んでいます。

 そのなかで、2月27日、わたくしの地元服部図書館に併設している行政サービスコーナーの廃止の中止を求めて、市長に対して、清水地区、北清水地区、真上地区の3地区の連合自治会連名で濱田剛史市長に申し入れの要望が行われました。一緒に3地区在住の議員5名も一緒に参りました。 
「地元、清水地区、北清水地区、真上地区の要望事項である、服部行政サービスコーナーの存続と市内の行政サービスコーナーの残り8か所についても利用状況や地域の特性なども十分に考慮して、特に地域、市民の意見を尊重して存続、廃止をしっかりと判断してもらいたい」このスタンスでしっかりと地元のみなさんとがんばってまいります。

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る