元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ

  1. トップページ
  2. 活動報告&ブログ
  3. 元気モリモリ!もりもと信之の活動ブログ
  4. 2017年8月の記事一覧

2017年8月の記事一覧(4件)

投稿日:2017年8月15日

8/15 戦後72年目の戦没者追悼式。

1-h16-0815

終戦から72年となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が開かれ、遺族や安倍晋三首相ら6167人が参列した。会場の東京都千代田区の日本武道館には100人を超える18歳未満の遺族も集い、不戦の誓いを引き継ぐ決意を新たにした。天皇陛下は大戦について、戦後70年の2015年から3年続けて「深い反省」との表現を使い、平和を祈る気持ちを示された。

陛下はおことばで「かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします」と述べ、「深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対して、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と語られている。
一方、安倍首相は式辞で「戦争の惨禍を二度と繰り返してはならない」と決意を語ったが、歴代首相が述べてきたアジア諸国への加害責任や謝罪について5年連続で言及しなかった。「不戦の誓い」の文言も今年も使わず、「争いの温床ともなる貧困の問題をはじめさまざまな課題に取り組み、世界の平和と繁栄に貢献したい」と述べた。【毎日新聞】

51JWLf0HpsL._SX342_BO1,204,203,200_

https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%89%E5%80%8D%E4%B8%89%E4%BB%A3-%E9%9D%92%E6%9C%A8%E7%90%86/dp/4023315435/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1502973128&sr=1-3

この記事をみて最近読んでいる「安倍三代」青木理氏著の内容を思い出した。

「祖父・寛や父・晋太郎にあって、安倍晋三にはないもの」それは、「反戦の政治家として軍部と闘い、貧者救済を訴えた寛。「戦争とファッショ」の中で立候補した“選挙マニフェスト”には「富の偏在は国家の危機を招く」とある。それはまるで「アベノミクスの果実を隅々まで……」と緩慢なスローガンを反復する孫に警鐘を鳴らすかのよう。平和憲法を擁護し、リベラルな姿勢を貫いた晋太郎は、その父・寛を終生誇りにした。」このことが語っている。

晋三が通った成蹊大学名誉教授・加藤節(たかし)は、彼を「二つの意味で『ムチ』だ」と評する。「無知」と「無恥」。「芦部信喜さんという憲法学者、ご存知ですか?」と問われ、「私は憲法学の権威ではございませんので、存じ上げておりません」と答弁した彼を「無知であることをまったく恥じていない」と嘆く。手元の原稿に記された「訂正云々」を力強く「訂正でんでん」と読む宰相は無知を改めない。

ぜひ、戦後72年目の戦没者慰霊を迎えて、改めて戦争をしてはいけないという「反戦」を再度、次世代に伝えることといまのこの国総理が、安倍寛、晋太郎氏といかに政治信条がかけ離れているか。また、改めて、安倍寛、晋太郎氏が素晴らしい政治家だったかとこのような政治家を応援したい。そのような議員が今こそ、求められていると思う。この「安倍三代」おすすめの一冊です。

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2017年8月8日

8/9 「台風5号一過でも勢力は維持で、ゆっくり。被害が心配。」

20170806-00074204-roupeiro-003-16-view

8/9、昨日の夕方に和歌山市に上陸した台風5号。時速20kmという自転車なみのゆっくりで、南の海上で長い間さまよっていたため、勢力も970hpaと維持されたまま近畿地方を横断、日本海側をぬけて、新潟県や秋田県などへ向かっている。この台風ほど、進路予想が当たらない台風は珍しい。進路予想がクルクルと変わると、備えの点で難しくなる。「来ないと思っていたら、急にきたという風に」、備えに対して対応が甘くなったり、後手後手になる。

近畿地方でも滋賀県の姉川が氾濫し、新潟県や愛知県などでも被害があった。

心配なのは、先月の豪雨災害で被害をうけた地域がまた台風による被害をうけていること。

幸いにも高槻市も災害対策本部が立ち上げられていたが、特に大きな被害もなく、一安心。

これからも、まだまだ台風シーズン。先日の九州北部豪雨でも問題となっていましたが、避難は一刻もはやく!「避難準備情報」が出れば、もう避難を始めてください。命を守るには、これしかありません。今まで大丈夫だったからは通用しないのです。

防災のことでご相談があれば、防災士もりもと信之まで。

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2017年8月8日

8/6 御礼!高槻祭り「常翔学園校友会高槻支部ブース」出展&完売

IMG_5875 IMG_5885

これがうわさの電球ソーダ―!!

IMG_5886

※電球ソーダ―に行列が!!

8月5日、6日と毎年恒例の高槻まつりに常翔学園校友会高槻支部として出展しております。
その前に、「常翔学園」って言う方がおれれるかもしれませんが、大阪工業大学と摂南大学などが常翔学園というまとまって名前に変わってます。

今年のブースの出展では、食べ物として、いか串、豚串とビール。そしておもちゃコーナーでは、「電球ソーダ―」と風船でした。

電球ソーダ―の人気ぶりは驚きました!2日分の仕入れ分すべて初日の1日目で完売。しかも2日目もたくさんの方から電球ソーダ―の問合せをもらいました。
「もっと仕入れとおけばよかった!」と後悔先にたたずでした。

OBのみなさんや応援のみなさんと毎年、高槻祭りで楽しくやっています。ぜひ、OBのみなさん、ブースに来てください!!お待ちしております。また、手伝ってくださった方や、ブースにお越しいただいた方には御礼申し上げます。

 

IMG_5876

 

 

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る

投稿日:2017年8月4日

8/4 安倍内閣改造?

 8月3日に第三次安倍内閣が発足。改造の際、安倍首相は「安倍内閣、自民党に国民の厳しい目が注がれている。反省すべき点は反省し、新たな気持ちで結果を残して国民の信頼を勝ち得たい」と強調した。

 しかしながらだ。厳しい目が注がれているのは、安倍総理あなた自身であり、あなたが、長年お友達として庇い、擁護し、重用してきた人たちと、そして、いまだに、雲隠れして一切、表に姿を見せない、腹心の友「加計 孝太郎」氏ではないだろうか。

 その証拠に、毎日新聞の3、4両日におこなった内閣改造と自民党役員人事を受けて緊急の世論調査では、安倍内閣の支持率は35%で7月の前回調査から9ポイント増。不支持率は47%で同9ポイント減だった。

今朝の毎日新聞の社説では、『中身変わるか? 「首相の心構え一つだ」』という題名で、政治部長 佐藤千矢子が記している。
 
 「本の表紙だけ替えても、中身が変わらなければダメだ」。竹下登元首相の後継の座を固辞した伊東正義元外相の言葉は、今も輝きを放つ。政治において、目先を変えるだけで本質的な改革に取り組まないことが、いかに多いかの裏返しだ。
 内閣改造により、売り文句を書いた「帯」は、確かに変わった。だが、中身はどうだろう。内閣支持率の急落を招いた政治不信は、主に安倍晋三首相自身に起因する。中身が変わるかどうかは、首相の心構え一つにかかっている。
 
「共謀罪」法の審議を途中で打ち切って成立させた強引な国会運営は、「熟議なき国会」と、国会を軽視した。 議会制民主主義は、単に採決時の「数」が足りているだけでなく、丁寧な議論のプロセスを踏むという「質」によって成り立つはずだ。国会の現状は、議会制民主主義が健全に機能しているとは言い難い。
 学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題で見られた政官関係のゆがみ。南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報をめぐり表面化した不都合な記録を廃棄する政権の「隠蔽(いんぺい)体質」。これらは、各省を束ねる閣僚が交代しても、政権全体として取り組む姿勢が変わらなければ、ただされないだろう。
 
憲法53条に基づく臨時国会の早期召集要求は、放置されたままだ。首相が陣頭指揮を執って臨時国会を早期に召集し、疑念に一つずつ答えていかなければ、政治への信頼は取り戻せない。内向きにならず、国民に開かれた政治を目指してほしい。
 そうでなければ、各派閥に配慮した内閣改造で自民党内を納得させることができたとしても、国民との乖離(かいり)はますます広がっていくだろう。
 【毎日新聞より】

 まさしくその通りだと今朝の新聞を読んで思った。それとこの内閣改造の閣僚のメンバーをみると、「衆議院解散がちかい」ということが脳裏にうかぶ。

 10月22日投開票の青森4区補選とあわせての衆議院選挙これが濃厚だろう。「さあ、衆議院選挙だ!」永田町では動き出していることだろう。

 しかしながら、民進党は代表選挙でどうなるのだろうか。今日の夕方、細野豪志議員が離党とのニュースが、厳しい時こそ、なんとかしようとするその心構えがないのか。細野豪志議員は新党設立をするという。都民ファーストとの連携もあるのか。でも、本当に国民のことを一番に考えている議員がいるのだろうか。そんな議員が民進党の代表になられることを願って今日のブログは閉じたい。

コメント(0)

↑ このページの最上部へ戻る